検索
  • 院長

どうしてこんな大きなものが!

いつも元気なジャックラッセルの男の子が、突然の嘔吐で来院。

問診から入り、異物の誤飲も疑うも、飼い主さんから絶対にそれはないと言われました。

そう言われると・・・ということで、その日は一般的な急性胃炎の治療を実施。

しかし、数日経っても、改善が見られないため、レントゲンを撮らせて頂きました。

すると、こんな画像が。

触診では、わからなかった。

ということで、手術で摘出ということになりました。

こんなものが、小腸より摘出できました。一番太く、長い部分で4cm×9cmありました。

硬質ゴムのような素材だと思われます。よくレントゲンに写ってくれました。


さて、原因なんですが、飼い主さんにお話を伺うと、これですね。

こういう伸びるリードをお使いの方、要注意です。

ワンちゃん達を自由に遊ばせたいという気持ちはわかりますが、ドッグラン以外でこういうリードを使うと伸びた先で、ワンちゃんが何をしているか目視できません。

この子も、このようなリードを使用していて、飼い主さんの見ていない所で、飲み込んだようです。


このジャックラッセル君は、術後4日で元気に退院していきました。


ほんとみんないろいろな物を飲み込んでくれます。

皆さん、ご注意を。

閲覧数:102回0件のコメント

最新記事

すべて表示

狂犬病予防注射済票の病院での令和3年度分の代行発行は、9月30日をもって終了となりました。10月1日以降も狂犬病予防注射の接種は、可能ですが済票発行は致しておりませんので、接種の際、接種証明書をお渡し致しますので、そちらを市役所本庁舎5階生活環境課へお持ちになって頂き、手続きをお願いします。 ご不便をお掛けしますが、よろしくお願いします。

本日より8月31日まで再び緊急事態宣言が発令されました。 ということで、また動物薬卸の業者さんのシステムが変わりました。 原則、宅配業者を利用しての納品となるため、発注時間により納品時期にズレが生じますので、特に特別療法食を注文は余裕を持ってお願いします。 院内の換気、消毒については、十分気をつけるように致しますが、皆様にもお願いがあります。待合室での密を避ける為にも、必ずご予約の上、御来院お願い