検索
  • 院長

消化管内異物の連発

他院において嘔吐の治療を受けるも改善しないとの事で来院されました。

お話を聞くと、毛球症のような感じがするので、その対応をしてみますが、やはり改善はみられないので、バリウム造影を実施することに。

この状態からバリウムが動きません。これは何かが詰まっていてバリウムの流れを邪魔していると判断して、開腹手術を提案し、承諾頂きました。

開腹してみると、腸の一部がやや赤黒く変色して、腸の状態が悪いことがわかりました。

慎重に触診しながら確認すると、回盲結腸部の結腸側に、硬い物が触れます。これが閉塞物だと判断。切開し、取り出しました。


便のようにも見えますが、毛ですね。毛が固まりカチンカチンになったものが、2つ摘出できました。丁寧に切開部を縫合し、温生食でお腹の中を洗浄してあげると、変色しいた腸も正常な色に戻ってきました。


この猫ちゃん、とても神経質で入院中は、ずっと涎を流していました。なかなか食餌もとってくれないので、暫定的に家に帰し、通院の治療に切り替えたら、涎も止まり食欲も回復。

猫の入院は、難しい。


多頭飼育の方、よく体を舐め毛繕いをする猫ちゃんでよく吐く子で毛球症の診断をされた方、ご注意ください。たかが毛玉、されど毛玉です。

閲覧数:105回0件のコメント

最新記事

すべて表示

狂犬病予防注射済票の病院での令和3年度分の代行発行は、9月30日をもって終了となりました。10月1日以降も狂犬病予防注射の接種は、可能ですが済票発行は致しておりませんので、接種の際、接種証明書をお渡し致しますので、そちらを市役所本庁舎5階生活環境課へお持ちになって頂き、手続きをお願いします。 ご不便をお掛けしますが、よろしくお願いします。

本日より8月31日まで再び緊急事態宣言が発令されました。 ということで、また動物薬卸の業者さんのシステムが変わりました。 原則、宅配業者を利用しての納品となるため、発注時間により納品時期にズレが生じますので、特に特別療法食を注文は余裕を持ってお願いします。 院内の換気、消毒については、十分気をつけるように致しますが、皆様にもお願いがあります。待合室での密を避ける為にも、必ずご予約の上、御来院お願い