検索
  • 院長

異物の飲み込みに注意(胃内異物1)

更新日:1月28日

今年の2月の話ですが、夜間救急診療センターに一晩見学研修をさせて頂きました。様々な症例が来院されましたが、異物の飲み込みがありました。

シーツの端をかじり、相当な量を食べてしまったようです。

吐かせる処置を行いましたが、出ません。

麻酔下で、内視鏡を用いての異物摘出となりました。結果としては、胃壁にこびり付き出てこなかったようです。しかし、内視鏡にて無事取り除けました。


当院でも、時々そういう事故があります。

過去には、大型犬でゴムボールを飲んでしまった。今年1年間では、拳大に丸めたラップ、マスカット(急性腎不全を起こし、死亡例も報告があります。私も最近知りました。)、ゴム手袋の一部など。

いずれも吐かせて摘出ができました。鋭利なもので吐かせる際に食道に刺さる可能性のあるものは、催吐処置が取れませんので、内視鏡で摘出するか、手術での摘出となります。


ちょっとした飼主さんの不注意で、こういう事故は起こりますので、この年末年始のお休みの間、注意して下さい。


年末年始のお休みの間、日中に関しては、可能な限り急患対応は致します。(当院の患者に限ります。)何かありましたら、我慢せずまずはお電話下さい。



28回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

再び緊急事態宣言発令

本日より8月31日まで再び緊急事態宣言が発令されました。 ということで、また動物薬卸の業者さんのシステムが変わりました。 原則、宅配業者を利用しての納品となるため、発注時間により納品時期にズレが生じますので、特に特別療法食を注文は余裕を持ってお願いします。 院内の換気、消毒については、十分気をつけるように致しますが、皆様にもお願いがあります。待合室での密を避ける為にも、必ずご予約の上、御来院お願い