検索
  • 院長

ハムスターのでき物(ハムスター腫瘍1)

更新日:2021年1月28日

ハムスターというのは、でき物が出来易い動物です。

それは、至るところに出来ます。お腹、背中、耳の中、四肢と体のあらゆるところに発生します。


そして、それは腫瘍であったり、膿瘍であったり、様々です。


膿瘍は膿の塊ですが、これはカプセルを形成していることが多く、抗生物質が効かない事が多いのが現状です。中身はカッテージチーズのようで、カプセルごと摘出しないと再発します。


腫瘍は、様々なものがあり、私が経験したものは、脂肪腫のようなものが大半です。

ただ、費用の関係から、ほとんどが病理検査に回ることがありませんので、あくまでも肉眼的所見ということです。


ハムスターの年齢、状態、発生部位によりますが、腫瘍にせよ、膿瘍にせよ、このようなでき物の治療法の第一選択としては、摘出手術となります。


先日、ジャンガリアンハムスターから摘出した皮下腫瘍です。


ハムスター達は、動物の世界をピラミッドで例えると底辺に近いところにいる動物です。

そのような動物達は、具合が悪くなってもそれを表面に出しません。

弱みを見せたところで、上層階にいる動物に食べられてしまうため、亡くなる直前まで、普通に生活して見せます。

内科的疾患は見つけにくいですが、このような外科的疾患は、飼主さんでも早くに発見できます。

体の表面の異常を見つけたら、すぐに動物病院に相談して下さい。



閲覧数:285回0件のコメント

最新記事

すべて表示

狂犬病予防注射済票の病院での令和3年度分の代行発行は、9月30日をもって終了となりました。10月1日以降も狂犬病予防注射の接種は、可能ですが済票発行は致しておりませんので、接種の際、接種証明書をお渡し致しますので、そちらを市役所本庁舎5階生活環境課へお持ちになって頂き、手続きをお願いします。 ご不便をお掛けしますが、よろしくお願いします。

本日より8月31日まで再び緊急事態宣言が発令されました。 ということで、また動物薬卸の業者さんのシステムが変わりました。 原則、宅配業者を利用しての納品となるため、発注時間により納品時期にズレが生じますので、特に特別療法食を注文は余裕を持ってお願いします。 院内の換気、消毒については、十分気をつけるように致しますが、皆様にもお願いがあります。待合室での密を避ける為にも、必ずご予約の上、御来院お願い