検索
  • 院長

まだまだ続きます。

更新日:2020年9月14日

昨日、39都道府県において、非常事態宣言が解除されましたが、埼玉県はまだ解除されていません。


感染症の恐ろしさを強く感じる機会になってしまいましたが、

動物の世界にも、恐ろしい感染症があります。


その1つがジステンパーです。


今では当たり前となった犬のジステンパーの混合ワクチンですが、日本で使用されるようになったのは40年ほど前のことです。

それまでは、狂犬病のワクチンや、フィラリアの予防薬(当時は毎日投薬させる必要のあるもの)程度でした。


私がお世話になった先輩獣医師から聞いた話ですが、40年ほど前、その地域でジステンパーが流行り始めました。

その先生は担当していた患者さんに「騙されたと思って打っておいた方が良い」と説得して、ワクチンを接種しました。

しばらくすると、接種した犬を残し、その地域の犬達がバタバタとジステンパーで亡くなったそうです。


今ではジステンパーの市中感染は、あまり聞きませんが、

タヌキ、あらいぐま、ハクビシンなどの野生動物からの感染に注意が必要です。



コロナウイルスも少しずつ落ち着き始めていますが

非常事態宣言が解除されても、もうしばらくは対策が必要だと思います。


Web予約が出来る方は、ご面倒かとは思いますが、ご自身や大切なペット、また他の患者様のためにもWeb予約をお願い致します。

緊急事態宣言期間のみの電話予約としておりましたが、もうしばらく継続していきます。

急患の場合にも、一旦お電話下さい。

お電話にて状態をお聞きして、対応を考えさせて頂きます。


閲覧数:32回0件のコメント

最新記事

すべて表示

狂犬病予防注射済票の病院での令和3年度分の代行発行は、9月30日をもって終了となりました。10月1日以降も狂犬病予防注射の接種は、可能ですが済票発行は致しておりませんので、接種の際、接種証明書をお渡し致しますので、そちらを市役所本庁舎5階生活環境課へお持ちになって頂き、手続きをお願いします。 ご不便をお掛けしますが、よろしくお願いします。

本日より8月31日まで再び緊急事態宣言が発令されました。 ということで、また動物薬卸の業者さんのシステムが変わりました。 原則、宅配業者を利用しての納品となるため、発注時間により納品時期にズレが生じますので、特に特別療法食を注文は余裕を持ってお願いします。 院内の換気、消毒については、十分気をつけるように致しますが、皆様にもお願いがあります。待合室での密を避ける為にも、必ずご予約の上、御来院お願い